5/19(土)対文京学院大学

本日のリーグ戦 対文京学院大学の試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|040 110 4|10
文|000 001 0|1

〈メンバー〉
1(中)大音
2(二)土屋→(遊)馬場(7裏)
3(右)佐藤→本木(7裏)
4(指)杉高→(PH)中村(7表)
5(捕)飯出→丁野(7裏)
6(左)丸山→遠藤(5裏)
7(一)渡部雄→西原(5裏)
8(三)酒井
P 伊戸→河野(4裏)→加藤(6裏)→邑澤(7裏)

〈レポート〉
本日の先発は伊戸(1年/藤島)。初回から堂々たるピッチングで三振を奪います。
野手の気合も負けてはいません。2回には、酒井(2年/岐阜)がサードに飛んだ強い打球を飛びついて止め、ダブルプレーに。3回はランナーを出すも落ち着いてアウトを奪い、伊戸は3回無失点と、抜群の安定感で投げ切りました。

伊戸(1年/藤島)

学芸の攻撃がまず勢いづいたのは2回。四球、ゴロで出塁した丸山(2年/野沢北)、渡部雄(2年/会津)を酒井の二塁打、石塚(2年/旭野)の犠牲フライで還します。さらに大音(4年/春日部)が内野安打で酒井を還し、佐藤(4年/山形中央)がライトへのヒットで大音を還します。打者一巡の猛攻に成功し、この回一挙4得点。

4回の攻撃では、学芸の俊足大音、土屋(4年/韮山)、佐藤が走りまくって1点を追加します。あわや内野ゴロと思った打球もこの3人にかかれば内野安打となります。また、3人ともそれぞれ本日2つ目の盗塁を決めます。5回にも相手のミスを逃さず、さらに1点追加することに成功します。

本日は1年生が継投していきます。4回、ピッチャーは河野(1年/所沢北)に代わります。迫力あふれる投球で相手打線を抑えます。野手もその好投に応えます。セカンド土屋、センター大音が広い守備範囲でしっかりと守り、ベンチを盛り上げます。

河野(1年/所沢北)

6回、加藤(1年/吉田)がマウンドに上がります。1,2番の長打を浴び、1点を奪われますが、後続を落ち着いて打ち取ります。キャッチャ―飯出(3年/野沢北)も自慢の肩でランナーを刺し、加藤を助けます。

加藤(1年/吉田)

7回、ベンチは本日一番の歓喜に沸きます。この回先頭は代打西原(3年/町田)。レフトへのヒットで出塁します。つづく酒井もレフトへ本日2本目の長打を放ちます。代打福田(4年/盛岡第一)は四球を選んで、ノーアウト満塁。バッター大音がライトへ打った打球は、なんとホームランに!一挙4点を追加して点差を広げます。

大音(4年/春日部)

7回を任せれたピッチャーは邑澤(1年/山口)。力強いピッチングでバッターを打ち取っていきます。三振で3つ目のアウトを奪い、しっかりと試合を締めくくり、7回コールド10‐1、東京学芸大学の勝利で試合は終了します。

邑澤(1年/山口)

本日の試合を振り返って、試合後のミーティングでは、残塁が多かったこと、走塁の技術などが反省としてあがりました。また、1試合を1年生で投げ切れたことはとても大きなことでした。春季リーグ戦は残り1試合です。最後の高千穂大学との試合でチームとしてすべての力を出し切れるよう、この1週間より集中して練習に励んでいく所存です。本日も応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)