9/22(土) H30秋季リーグ戦 対東洋学園大学

こんばんは。本日の秋季リーグ戦、対東洋学園大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|102 030 000|6
東|001 030 100|5

〈メンバー〉
1.(4)土屋
2.(8)大音
3.(5)佐藤
4.(2)飯出
5.(3)福田
6.(9)遠藤
7.(D)杉高
8.(7)三宅
9.(6)石塚
P. 荻沢→邑澤(6裏)

東京学芸は1回、大音(4年/春日部)がレフトへのヒットで出塁すると、相手のエラーの間に進塁し、二死一二塁といきなり得点のチャンスを迎えます。ここで打席に立ったのは5番福田(4年/盛岡第一)。ライト前にしっかりとヒットを打ち、1点を先制します。

福田

3回には、先頭打者大音が四球を選び出塁します。続く佐藤(4年/山形中央)の内野安打で無死一三塁とすると、4番飯出(3年/野沢北)のライトへの犠牲フライでさらに1点を追加します。その後、二死三塁の状況で8番遠藤(4年/秋田)がレフトへ鮮やかなヒットを放ち、この回2得点とします。

遠藤

1点を返され3-1で迎えた5回、一死の状況でバッターは飯出。その初球でした。レフトへ大きく上がった打球はそのまま柵を越え、見事ホームランに!飯出の今リーグ2本目のホームランにベンチも大きく沸きます。その後も東京学芸の攻撃は続きます。福田が内野安打で塁に出ると、遠藤が四球を選び一死一二塁とします。続く杉高(4年/富山中部)のセンター前ヒットと相手のエラーの間に見事生還し1点を追加します。さらに、三宅(1年/金光学園)の内野ゴロの間にも1点を追加し、この回一挙3得点とします。

飯出

 

今試合の先発は、先日好投をみせた荻沢(3年/高岡)。気迫のピッチングで4回まで1失点としますが、6-1で迎えた5回裏、相手の猛攻に遭い

3失点してしまいます。

 

6回からは邑澤(1年/山口)がマウンドに上がります。球威のある球で順調にアウトを重ねていきますが、7回に二死一塁から相手の一打で1点差に迫られ、緊迫した試合展開になります。しかし、その後のバッターをしっかり三振で抑えると、8回、9回も3人で抑え、この接戦を見事制しました。

邑澤

 

今日の試合では、守備にミスがなかったことがよかった点としてあげられていました。
一方、チャンスでもう1本が出なかったこと、相手ベンチの声に押されてしまったことなど課題も多く上がりました。明日の試合では今日の反省を活かして、勝利につなげていきます。これからも応援よろしくお願いいたします。
また、本日は福田(4年/盛岡第一)のご家族から差し入れをいただきました。ありがとうございます。

☆次の試合
【対戦相手】日本工業大学
【試合会場】東洋学園大学
【試合開始】13:30

 

(2年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)