10/7(日) H30秋季リーグ戦 対東洋学園大学

こんばんは。本日の秋季リーグ戦、対東洋学園大学の試合結果を報告させていただきます。

〈スコア〉
東|000 000 010|1
学|020 001 20×|5

〈メンバー〉
1.(8)大音
2.(4)土屋
3.(5)佐藤
4.(2)飯出
5.(D)杉高→(PR)石田(7裏)
6.(9)遠藤
7.(3)福田
8.(7)三宅
9.(6)石塚
P.邑澤→河野(5表)→荻沢(9表)

本日の先発は邑澤(1年/山口)。初回、先頭バッターを空振り三振に仕留めると、その後もリズムを崩さず安定したピッチングを見せます。3回には一死満塁のピンチを背負いますが、続くバッターをしっかりと打ち取り、相手に得点を与えません。4回を投げて無失点と、素晴らしい投球で試合を作ります。

邑澤

攻撃では2回。先頭の飯出(3年/野沢北)が二塁打で出塁すると、杉高(4年/富山中部)の四球、遠藤(4年/秋田)の巧みなバントでチャンスを広げ、迎えるバッターは福田(4年/盛岡第一)。スクイズを決め、待望の先制点を挙げます。尚もチャンスは続き、バッターは三宅(1年/金光学園)。レフトへのヒットで1点を追加し、この回2得点とします。

三宅

5回からマウンドに上がったのは河野(1年/所沢北)。今季初登板となりましたが、落ち着いた投球で相手の思うように打たせません。8回には一死一、二塁からヒットを打たれ1点を取られますが、最後のバッターを気迫の投球で空振り三振に仕留め、最少失点に抑えます。河野は4回を投げて1失点、勝ち投手の権利を持ちマウンドを降ります。

河野

追加点が欲しい東京学芸は7回。3番佐藤(4年/山形中央)のヒットを皮切りとし、ノーアウト満塁のチャンスを作ります。ここでバッターは遠藤。ライトへ打球を飛ばし、タッチアップで貴重な追加点を挙げます。その後、8番三宅の押し出しの死球で1得点を重ね、好投の河野を援護します。

遠藤

最終回、マウンドに上がった荻沢(3年/高岡)は無失点で抑えの役割を果たし、5-1をもって東京学芸が勝利を収めました。野手陣に助けられながらも、1年生ピッチャーの活躍が光る試合となりました。

本日のミーティングでは、粘れた試合だったことが良い点としてあがった一方、バントの精度や、チャンスでヒットが出なかったことなどが課題点としてあがりました。来週は連戦となりますが、より一層気持ちを引き締めて戦って参ります。応援よろしくお願い致します。

(1年/マネージャー/志太祥子)

☆次の試合
10/13(土)
【対戦相手】日本大学生物資源科学部
【試合会場】日本工業大学
【試合開始】13:30


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)