10/20(土)H30秋季リーグ戦 対日本工業大学

本日は、秋季リーグ戦対日本工業大学戦を行いました。試合結果をご報告いたします。

〈スコア〉
学|102 020 200|6
日|000 000 000|0

〈メンバー〉
1(中)大音
2(二)土屋→石田(9裏)
3(三)佐藤→酒井(6裏)
4(捕)飯出
5(指)杉高→(PH)小林隆(9表)
6(右)遠藤→加藤(7表)
7(一)福田→大野(7表)
8(左)三宅→丸山(7表)
9(遊)石塚→小林丞(9裏)
投 荻沢→高木(6裏)→福島(8裏)

先攻の学芸は、初回、2番土屋(4年/韮山)が四球を選んで出塁するとすぐさま盗塁をきめ、2塁へ。佐藤(4年/山形中央)のタイムリーヒットで生還し、先制点を奪います。3回には大音(4年/春日部)、土屋が塁に出たところで、飯出(3年/野沢北)が長打を放ちます。大きく弧を描いた打球はレフトの頭上を越える3塁打となり、2人を還します。5回にも土屋、飯出を杉高(4年/富山中部)、遠藤(4年/秋田)がヒットで還して点差を広げます。5点リードで5回を終わります。

飯出(3年/野沢北)

本日の先発は荻沢(3年/高岡)。初回、打たせて取るピッチングであっという間に2アウトを奪います。続くバッターのファールフライは、俊足のライト遠藤がダイビングキャッチでアウトとし、ベンチを沸かせます。荻沢が安定感抜群のピッチングで淡々とアウトを奪い、被安打3、奪三振4という素晴らしい内容で5回を投げきり、6回からピッチャーは高木(2年/開智)に交代します。高木も落ち着いた投球でアウトを重ねます。7回にはセカンドに飛んだ打球をセカンド土屋、ショート石塚(2年/旭野)が鮮やかにさばき、ダブルプレーを完成させるなど、好投の高木を盛り立てます。

荻沢(3年/高岡)

8回、代打丸山(2年/野沢北)が魅せます。初球をとらえ力強く振りぬくと、打球はそのままレフトスタンドへ!今季2本目のホームランで貴重な追加点をもたらします。

丸山(2年/野沢北)

8回からマウンドに上がったのは福島(3年/蕨)。8回、9回ともに三者凡退という完璧なピッチングで試合を締めくくります。試合は6ー0で終了し、東京学芸大学が勝利しました。

福島(3年/蕨)

本日の試合後のミーティングでは、ピッチャーが良く投げ、守備も粘れたことが良かった点として挙げられました。今後の課題としては、バッターがボールを追いすぎないことなどが話されました。来週は高千穂大学との2連戦となります。1点勝負を制することができるように、この1週間より集中して練習に励んでまいります。また、本日は土屋、福田(4年/盛岡第一)のご家族から差し入れをいただきました。ありがとうございます。残すところ3戦となりますが、今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

(2年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)