11/17(土) 秋季新人戦 対共栄大学

こんばんは。本日の新人戦、対共栄大学の結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|000 000 000 |0
共|011 020 10× |5

〈メンバー〉
1.(4)酒井
2.(7)三宅
3.(5)小林隆
4.(D)渡部雄→(H→D)柚木(7表→7裏)
5.(9)丸山
6.(3)伊戸
7.(2)船場→小谷地(8裏)
8.(6)石塚
9.(8)西澤
投.邑澤→高木(4裏)→加藤(6裏)→河野(8裏)

1.2年生が出場する新人戦、これが4年生が引退し、新体制で迎えた初戦でした。その先発は邑澤(1年/山口)。初回を0点で切り抜けるものの、2.3回と相手の強力打線に苦しい展開を強いられます。しかし、2回には小林隆(2年/松本深志)と酒井(2年/岐阜)、3回には二遊間コンビの石塚(2年/旭野)と酒井の素晴らしいダブルプレーで邑澤を援護し、どちらの回も最小失点で抑えます。

4回からは高木(2年/開智)がマウンドに上がります。4回を三者凡退に抑えたものの、5回に強烈なホームランを浴び、2失点とします。

対する東京学芸は、相手のピッチャーを前に手も足も出ません。4回に三宅(1年/金光学園)が内野安打で今試合初の出塁に成功しますが、得点につなげる事は出来ません。
その後も相手のエラーや四球で出塁には成功するものの打線が繋がらず、点が入ることはありませんでした。

6回からは加藤(1年/吉田)が登板します。6回を三者凡退で抑えるなど、2回を投げ1失点という結果で河野(1年/所沢北)にバトンを繋ぎます。8回、二死で迎えた相手バッターにレフト前安打を許してしまいます。しかし、そのバッターの盗塁をこの回から出場した小谷地(1年/八戸)が鋭いボールで刺し、見事3人でこの回を終わらせました。

今回の試合では、守備では大きなミスはなかったものの、攻撃の面では多くの課題が指摘されていました。
新体制となり、まだまだ多くの課題がありますが、一部として迎える春季リーグに向け、この冬一人ひとりが、そしてチーム全体が大きく成長できるよう精進致します。

いつも応援してくださっている皆様、本当にありがとうございます。これからも応援よろしくお願い致します。

(2年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)