引退メッセージ ④杉高正紀

こんばんは。
連日に渡って掲載しております、4年生の引退メッセージ、本日の更新です。
本日は、強烈な打撃と明るいキャラクターでチームを導いた男、杉高正紀(富山中部)です。
是非ご覧ください。

○今シーズンのベストプレー
特にありません。

○四年間で嬉しかったこと
最終シーズンでの一部昇格です。

○苦しかったこと
何事もうまくいかず、野球が楽しくない時期がありました。
この野球部だったからそんなつらい時期を乗り越えられたと思います。

○自分がチームに貢献できたこと
みんなが笑顔で野球をできる空間を目指して馬鹿を演じていたこと。
「みんなに笑いを届けなくては」という重責から解放され、心から笑える日々が訪れました。

○後輩に一言
チームには一人くらい馬鹿なことを考える奴は必要です。みんなまじめちゃんではいけません。みんな馬鹿でもいけません。最高のチームを目指して、己の役割を見つけていってください!

○期待している後輩
「今シーズン、ふがいなく終わった後輩達へ」
来シーズンのチームを強くするのは、今シーズンにはなかった戦力です。「期待させても結果を出せなかった者」「こんなはずじゃないと思っている者」君たちが腐らず、諦めず野球に取り組むことを僕は望んでいます!最後の最後まであきらめるな!!

○学芸大野球部でよかったと思うこと
尊敬できる監督やコーチ、就職支援や技術指導をしてくださるOB、優しい先輩方、仲の良い野球部の部員など多くの方々の支援を受け野球を続けられる環境があること。

最後まで読んで頂きありがとうございました!
明日は兼任学生コーチとして、チームのために自らを捧げた名捕手、丁野晃輔(土佐)です。
よろしくお願いします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)