引退メッセージ ⑥馬場拓己

こんばんは。
連日掲載しております4年生の引退メッセージ、本日の更新です。
本日は、華麗な守備と端正なルックスを武器に幾度となく好守を繰り出した名遊撃手、馬場拓己(会津学鳳)です。
是非ご覧ください。

◯今シーズンのベストプレー
今シーズンではないが、昨秋に打撃で好成績を残すことができて良かった。

◯4年間で嬉しかったこと
4年間チーム全体で掲げてきた「1部昇格」の目標を達成する喜びを共有できたこと。

○苦しかったこと
集大成となる4年春の時期に、怪我と心に思い悩まされたこと。それらと向き合うことが何よりも辛かった。

◯自分がチームに貢献できたこと
貢献できたかわからないが、選手兼守備コーチとして、チームのメニューを考え、引っ張っていく立場として、少しでも貢献できていればよかったと思う。

◯後輩に一言
私は、すごく素敵な後輩に恵まれました。だからこそ、周りの仲間を大切にしてほしい。夢を叶えようと取り組むからこそ、嬉しいこと、悔しいこと、辛いことと向き合うことになります。最後まで、向き合うことは、本当に難しいかもしれないけど、仲間と共にわかちあいながら頑張ってほしい。必ず見えてくるものがある。

○期待している後輩
後輩全員に期待しています。
誰にでもチャンスはあるし、活躍できる場所がある。

○学芸大野球部で良かったと思うこと
甲子園で活躍してた方や日本代表を背負った方など、すごい方々と野球ができたことが貴重な経験です。
学大野球部は人としても尊敬できるところが多い人たち。先輩や同期、後輩たちにも人として大切にしたいことを学ばさせてもらいました。
最後に、この学年で野球ができたことが、何よりも幸せです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
明日の更新は、広い守備範囲とセンス際立つ小技を武器にチームに勇気を与えた好選手、遠藤幹太(秋田)です。
よろしくお願いします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)