最後の春に向けて -強い人間たれ- 加賀谷優斗

新四年の加賀谷優斗です。

私の野球のルーツは高校時代にあります。

高校二年の夏、先輩たちと必死に甲子園を目指した県予選、結果は最後私の空振り三振で幕を閉じました。そこから私は、最後の場面こいつなら決めてくれると思われるようなバッターになりたい、大事な場面で一本打てるような強い人間になりたいと思うようになりました。そして4番キャッチャーとして迎えた三年生の夏、私はまたしても最後のバッターになりました。結果は初球を打ってショートゴロ。またしても最後のバッターとして夏を終えました。言葉にはできないほど悔しかったのを覚えています。

だから私はここぞという場面で一打が期待できるような、そんな場面で活躍できるような「強い人間」を目指して大学生活を過ごしてきました。大学野球はうまいこといかないことが多かったり、けがが多かったり、時には野球から目をそむけたくなることがたくさんありましたが、そんな時はいろいろな人に支えられながら、必ずあの打席を思い出して、自分を奮起させてきました。

いま学芸大硬式野球部は苦しい時期が続いていますが、そんな時だからこそ自分が変えてやるという気持ちを持って試合に向かっていきます。リーグ戦まであと少し、東京学芸大学硬式野球部の応援をよろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)