最後の春に向けて -感謝- 藏恒汰

新四年E類生涯スポーツコースの藏恒汰です。

「一番苦手なスポーツは野球」

こんなことを大学に入ってから時々言っています。けど昔はそんなことありませんでした。
昔の話を少しします。小学校、中学校と自分はエースで4番、チームの勝利は自分にかかっているといっても過言ではありませんでした。当時はプロ野球選手になるならお前しかいないと言われるほどでした。そんな自分は高校に入って「俺が甲子園連れて行く」ぐらいの勢いで野球部に入部しました。しかし現実はそんな甘くありませんでした。まず投手として使われない、試合すら出れない毎日が続きました。結局エースになったのもほんのわずかな期間だけで野手として多く試合に出場し、高校生活を終えました。とても悔しくて、大学でもう一度投手としてやりたいとの思いで、浪人を経て学芸大学に入学しました。
当初の学生コーチにはリーグでも投げれそうだから準備しとけと言われ、ここなら思いっきりやれると思っていました。しかし肩を痛めて全然投げられなくなってしまい、大学3年の春頃まで痛みが続きました。正直いつ投げられるようになるのかわからないし、このチームにいても自分の立場や役割がないので、チームの邪魔にしかなっていないとずっと思っていて、いつやめようか真剣に考えたこともありました。投げれないなら野球を続ける意味もないとまで考えてました。

では、なんでここまで続けてこれているのかというと同期の存在です。よく話したりする人たちはもちろん自分にとっての野球部にいる意味を見出してもらいましたが、普段あまり話さない人からも一生懸命プレーしたり、野球に真剣に取り組んでいたりしている姿を見ることで、自分のモチベーションになっていました。こいつらのために投げたい、こいつらと一緒に野球をしていたいと強く思うようになりました。
今は肩の痛みもなく投げれているのも同期の存在が大きくあります。そんな同期と過ごすのもあと一年となりました。下級生が実力ある人ばかりで難しいことはわかりきってはいますが、同期に感謝の気持ちを込めて、伝えられるようにボールを投げること、それが勝利につながること、これらが同期に対しての自分なりの恩返しだと思っています。
これからリーグ戦が始まり、自分がメンバーとして選ばれるかも、投げられるかもわかりませんが、選ばれた暁には精一杯頑張ります。勝利目指してチーム一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)