3/26(火) オープン戦 対静岡大学①

こんばんは。本日行われたオープン戦、対静岡大学の第一試合の結果をお知らせいたします。

〈スコア〉
学|100 001 000|2
静|000 000 000|0

〈メンバー〉
1(二)酒井
2(中)西澤
3(指)加賀谷
4(一)伊戸
5(捕)飯出
6(左)埴田→(PR)石田(9表)→(左)本木(9裏)
7(中)三宅
8(遊)石塚
9(三)小林丞
投 荻沢→河野(8裏)

 

1回表、2番西澤(2年/野沢北)がセンター前ヒットで出塁すると、果敢に盗塁を決めます。続く加賀谷(4年/秋田)が内野ゴロを打ち、一死一三塁といきなりチャンスを作ります。その後二死一三塁で打席に立ったのは5番飯出(4年/野沢北)。鮮やかなレフト前ヒットを放ち、三塁走者が生還。先制に成功します。

西澤

 

先発荻沢(4年/高岡)は、本日も圧巻のピッチングで相手打線を寄せ付けません。3回、一死二三塁のピンチを招きますが、ここから驚異の2三振でこの状況を切り抜けます。

野手もピッチャーを助けます。4回、西澤が痛烈なライナーをダイビングキャッチでアウトにします。5回の、守備の要ショート石塚(3年/旭野)のファインプレー、さらには8回の酒井(3年/岐阜)、石塚のダブルプレーなど好プレーが目立ちます。

荻沢

 

1回表の先制点以降、両チーム無得点のまま向けた6回表、先頭打者加賀谷が相手のエラーを見逃さず二塁まで進みます。その後一死二塁の状況で、打席には先ほどタイムリーを打った飯出が立ちます。初球をピッチャー強襲ヒットとすると、その後相手の送球エラーの間に加賀谷が生還。1点を追加します。

飯出

 

終盤に差し掛かっても荻沢のピッチングは冴えわたります。確実にアウトを重ねていき、7回を投げ被安打6無失点で、河野(2年/所沢北)にバトンを渡します。
河野も安定した投球で8回9回をしっかり抑え、2-0で東京学芸大学が見事勝利致しました。

河野

 

本日のミーティングでは、東京学芸としていい形の試合ができたこと、ワンチャンスを活かすこと、粘り強く打ち、守ることの大切さが話に上がっていました。
本日のような試合を続けていけるよう、これからも精進してまいります。

応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。2試合目のブログも併せてご覧いただければと思います。これからも宜しくお願い致します。

 

☆次の試合
【対戦相手】千葉商科大学
【対戦場所】千葉商科大学野球場
【開始時刻】13:00

 

(3年/マネージャー/村田奈央)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)