3/26(火) オープン戦 対静岡大学②

本日は静岡大学とオープン戦を行いました。2試合目の結果をご報告いたします。

〈スコア〉
静|000 000 000|0
学|200 003 00x|5

〈メンバー〉
1(中)富田→(遊)小林(丞)(7裏)
2(二)中村→(PH→二)渡部(裕)(7裏→8表)
3(三)西原→渡部(雄)(7表)
4(一)大野
5(指)小谷野→小谷地(6裏)
6(左→中)本木(7表)
7(右)古田→(PH→左)石川(6裏→7表)
8(捕)船場→高澤(8表)
9(遊)石田→(PH→右)柚木(6裏→7表)
投 加藤→高木(8表)

2試合目の先発は加藤(新2年/吉田)。初回をたった9球で三者凡退に仕留め、安定した立ち上がりをみせます。2回、味方のエラーからランナーを出しますが、隙をついた巧みな牽制で刺します。7回被安打3無失点というすばらしい投球を見せ、先発としての役割を果たします。

加藤(新2年/吉田)

後攻の東京学芸は初回、先頭の富田(新4年/大垣北)の打球がエラーを誘い、出塁します。続く中村(新4年/青森)がきっちり二塁へ送ります。二死二塁となった場面で打席に立ったのは4番大野(新4年/高松第一)。打った初球、飛距離は十分でしたがあえなくファールに。しかし2球目。再び打球は美しい放物線を描いて飛んでいき、今度こそホームランに!2点を奪い、先制に成功します。

大野(新4年/高松第一)

しかしそれ以降、うまい具合に打ち取られ攻撃をさせてもらえません。3、4、5回を三者凡退に抑えられてしまいます。6回、相手ピッチャーが交代します。その立ち上がりを狙い、富田、西原(新4年/町田)、本木(新4年/成蹊)がそれぞれヒット、そこに四死球も加わり、この回一挙3得点。点差を5点に広げます。

西原(新4年/町田)

8回、ピッチャーは高木(新3年/開智)に交代します。打たせてとる投球で相手を寄せ付けません。5点差を守り切り、2試合目は0-5で東京学芸大学が勝利致しました。

今試合は、ベンチの雰囲気が良かったことやそれぞれがしっかりと仕事を果たせていたことなどが見て取れ、今期のオープン戦で積み上げてきた課題が結果として表れつつあることを実感できるものでありました。残りのオープン戦も少なくなってきましたが、より良いチームになれるよう、頑張っていきます。本日は石塚(新3年/旭野)、前主将の土屋さんのご家族から差し入れをいただきました。いつも応援して下さる皆様、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

(新3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)