3/27(水) オープン戦 対千葉商科大学

本日は千葉商科大学とオープン戦を行いました。試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|001 001 000|2
千|001 210 00X|4

〈メンバー〉
1(右)西澤→(PH)古田(9表)
2(二)酒井
3(捕)飯出→(PR)池田(8表)→(捕)船場(8裏)
4(一)大野→(PH→一)伊戸(6表→6裏)
5(指)加賀谷→中村(8表)
6(左)埴田→本木(6裏)
7(中)三宅
8(遊)石塚→(PH)小谷野(9表)
9(三)小林(丞)→西原(6裏)
投 邑澤→高木(6裏)→河野(8裏)

試合は3回に動きます。先頭バッターは石塚(新3年/旭野)。ライト前ヒットを放ち、先制チャンスを作ります。打順は酒井(新3年/岐阜)に回ります。出塁した石塚を何としても返そうと、打った打球はライト前ヒットに。石塚を生還させ、先制点を奪います。

東京学芸の先発は邑澤(新2年/山口)。久々の登板に仲間からの温かい声が飛び交います。邑澤は初回を三者凡退に仕留め、安定した立ち上がりをみせます。先制点を得、迎えた3回裏、四球でランナーを出すと、後続に二連続ヒットを打たれて1失点。しかしセカンド酒井、ショート石塚による本日2度目のダブルプレーで三死。最少失点にとどめます。4回5回、東京学芸は得点できません。対して相手の攻撃では大きな打球がライトに飛びます。エラーも絡んで3点を追加され、スコアは5回終了時1-4。

6回表、東京学芸の先頭バッターは酒井。ライト方向への長打を放ち、一気に3塁へ。反撃の突破口を開きます。後続が打ち取られ、酒井を還せないまま二死。続くバッターは加賀谷(新4年/秋田)。力強く打ち返した初球はセンターへ抜け、その間に1点を返します。

6回以降、高木(新3年/開智)、河野(新2年/所沢北)が見事な継投で相手を全く寄せ付けません。被安打1と完全に相手打線を抑え込み、味方の反撃を待ちます。

7回8回の東京学芸の攻撃は、ヒットは出るものの打線がつながらず無得点。後がない9回表、先頭の三宅(新2年/金光学園)が打った打球はサードへ。セーフかアウトかきわどい打球、決死のヘッドスライディングでセーフをもぎ取ります。本日4打席4安打の三宅が出塁し反撃のチャンスを作りましたが、ついに生還させることはできません。2-4で試合は終了し、千葉商科大学の勝利となります。

今試合は、今季のオープン戦を通しての成長が表れ、次の段階としてチームができるようになるべきことが見えてきた試合となりました。1部で戦うリーグ戦を見据え、残りのオープン戦や練習に集中して臨んでいきます。本日はOBの武藤さんから差し入れをいただきました。応援していただいている皆様、ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

☆次のオープン戦
3/28(木) 対獨協大学
【試合開始】13:00
【場所】獨協大学天野貞祐記念球場

(新3年/マネージャー/新井菜緒)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)