3/28(木) オープン戦 対獨協大学

こんばんは。本日のオープン戦、対獨協大学の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|101 000 400|6
獨|101 100 010|4

〈メンバー〉
1.(二)中村→(PH→二)渡部(裕)(7表→7裏)
2.(中)富田→(三)飯倉(7裏)
3.(指)小谷地→高澤(7表)
4.(一)伊戸→(PH→一)大野(5表→5裏)
5.(三)渡部(雄)→(PR→中)池田(7表→7裏)
6.(左)本木→石川(6裏)
7.(右)古田→柚木(6表)
8.(捕)船場
9.(遊)石田
P.浅野→藏(5裏)→小林(徹)(8裏)→高木(9裏)

試合は初回から動きます。富田(新4年/大垣北)がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決めチャンスを広げます。バッターは渡部(雄)(新3年/会津)。流した打球はライト前ヒットとなり、1点を先制します。

その裏、獨協大学の攻撃。東京学芸、本日の先発は浅野(新3年/立川国際中等教育)。先頭バッターを四球で出塁させると、盗塁、犠牲フライで1点。同点とされます。

3回。小谷地(新2年/八戸)のライトへの鮮やかな二塁打でチャンスを迎えると、続く伊戸(新2年/藤島)の痛烈なピッチャー強襲ヒットに、相手の守備の乱れも加わり、1点を追加します。

しかし、またもその裏に1点を還され同点。さらに4回に1点を追加され、スコアは2-3となります。

なんとかして得点したい東京学芸ですが、3回以降、ヒットやエラーで出塁はするものの、打線がつながらず無得点のまま試合が進みます。

4回からは藏(新4年/江戸川学園取手)が登板。安定したピッチングで次々と打者を打ち取り、3回を投げて無失点に抑えます。

7回。東京学芸の打線はついに火を噴きます。二死一、二塁の場面。渡部(雄)がサードへの内野安打で満塁とし流れを引き寄せると、迎えるバッターは本日初打席の石川(新2年/北広島)。打球はライトの頭を越え、走者全員が生還。打った石川は一気に三塁へ進みます。その後、相手のエラーの間に石川が還って1点を追加。結局この回4点を得点し、試合は終盤を迎えます。

8回には小林(徹)(新4年/宮崎大宮)がマウンドに上がります。ピンチを迎えますが、最小失点に抑え、最終回のマウンドを高木(新3年/高木)に託します。

代わった高木は、相手の上位打線を3者凡退でぴしゃりと抑え、6-4で東京学芸大学が勝利致しました。

試合後のミーティングでは、ベンチからの声掛けや守備の甘さなどの課題があがりました。

春季リーグ戦まで1週間を切りました。体調管理に努め、万全を期して開幕を迎えようと思います。応援のほど、よろしくお願い致します。

(新2年/マネージャー/志太)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)