5/5(日) H31春季リーグ戦 対流通経済大学②

こんばんは。本日の春季リーグ戦、対流通経済大学第2回戦の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
流|200 000 210|5
学|002 000 010|3

〈メンバー〉
1.(右)市原
2.(左)西澤
3.(指)埴田
4.(捕)飯出
5.(二)酒井(健)
6.(一)伊戸→(PH)中村(6裏)→(一)大野(7表)
7.(三)西脇→(PR→三)小林(丞)
8.(中)三宅
9.(遊)石塚→(PH)小谷野(7裏)→(遊)石田(8表)
投.高木(2 1/3)→加藤(4 1/3)→荻沢(1/3)→河野(2)

試合は初回から動きます。流通経済大学の攻撃。先頭バッターに三塁打を浴びると、タイムリーヒットで1失点。その後も打線が繋がり、さらに犠牲フライで1失点。いきなり2失点を許してしまいます。

攻撃では、2回。飯出(4年/野沢北)がセンター前ヒットで出塁すると、続く伊戸(2年/藤島)と西脇(1年/小山台)が四球でつなぎ、一死満塁のチャンスを迎えます。しかし後続が続かず、無得点。残塁3の悔しい結果となります。

しかし次のイニング、3回の攻撃で遂に打線に火がつきます。まずは、1番市原(1年/市立川越)が内野安打で出塁します。その後、2番西澤(2年/野沢北)がきっちりと送りバントを決め、3番埴田(2年/小松)もヒットで続きます。このチャンスでバッターは酒井(健)(3年/岐阜)。その初球。打った打球はライトの頭上を越え、タイムリースリーベースヒットとなります。これで2得点とし、試合を振り出しに戻します。

酒井(健)(3年/岐阜)

3回途中からは加藤(2年/吉田)が登板します。落ち着いた投球でアウトを重ねていきます。6回まで無安打で抑えますが、7回に相手打線に捕まり、2失点。なおも続くピンチの場面で、東京学芸は昨日先発したエース荻沢(4年/高岡)に継投します。荻沢はしっかりと相手バッターを打ち取り、ワンポイントリリーフの役目を果たします。

加藤(2年/吉田)

3点のビハインドを追う東京学芸は8回。西澤が内野安打で出塁すると、続く埴田が本日2本目のヒットとなる、ライトへのツーベースヒットで続きます。その後、内野ゴロの間に1得点。さらに点差を縮めたい場面でしたが、これ以上は続かず得点は1に留まります。

9回。先ほどの回から登板している河野(2年/所沢北)が踏ん張ります。ランナーを出しますが、力強い投球での奪三振や、野手のファインプレーで無失点に抑えます。

なんとかして得点したい東京学芸ですが、9回裏は三者凡退。5-3で敗戦を喫してしまいました。

試合後のミーティングでは、チームの雰囲気の甘さについての課題が多く話されました。

本日の試合で、1部リーグ6位が決定致しました。残る東京国際大学戦、また入れ替え戦に向け、チーム状況を受け止め、気持ちを入れ直そうと思います。まだ戦いは続きます。応援よろしくお願い致します。

☆次の試合
【対戦相手】東京国際大学
【試合日時】13:30
【試合会場】岩槻川通公園野球場

(2年/マネージャー/志太祥子)


2件のコメント

  1. 試合お疲れ様でした。
    本日の試合前に3歳の息子がマネージャーのお姉さんに声をかけていただきました。
    少し恥ずかしがっていましたが、車に乗ったらハイテンションになっていました!
    なかなか応援には行けませんがまた龍ケ崎に来た際には応援に行かせていただきます。

    1. 潮田様

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      こちらこそ息子さんと楽しい時間をありがとうございました!
      今後とも応援の程、よろしくお願いいたします。

      東京学芸大学硬式野球部 マネージャー 村田奈央

コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)