5/11(土) H31春季リーグ戦 対東京国際大学①

こんばんは。本日の春季リーグ戦、対東京国際大学第1回戦の試合結果をご報告致します。

〈スコア〉
学|001 000 0|1
国|107 020 X|10
(連盟規定により7回コールド)

〈メンバー〉
1.(右)市原
2.(中)三宅
3.(指)埴田
4.(捕)飯出→船場(6裏)→(PH)中村(7表)
5.(二)酒井
6.(左)本木→(PH)小谷野(7表)
7.(一)伊戸→(PH→一)大野(5表→5裏)
8.(三)西脇→(PH→三)西原(5表→5裏)→石田(6裏)
9.(遊)石塚
投.荻沢(4)→高木(2)→福島(1)

本日の先発は荻沢(4年/高岡)。初回にいきなり1点を取られてしまいます。2回にもヒットでランナーを出しますが、ここは打者をダブルプレーに打ち取り、ピンチをしのぎます。

追いつきたい東京学芸は3回。市原(1年/市立川越)が左中間を深々と破る打球を放つと、持ち前の俊足を活かし一気に三塁まで到達します。その後、相手のエラーで1得点。同点に持ち込みます。

市原

しかしその裏。先頭打者にヒットを浴びると、野手のエラーで失点を許してしまいます。その後も、ヒットやホームラン、さらに度重なるエラーも相まって1イニング一挙7失点。1-8と大きく点差を離されてしまいます。

なんとか点差を縮めたい野手陣ですが、相手投手を前に、なかなか出塁することができません。

ピッチャーは荻沢に代わって高木(3年/開智)。代わった回をショート石塚(3年/旭野)のファインプレーもあり、3者凡退で抑えます。今リーグは先発としての登板の多い高木ですが、リリーフとして上々のスタートを切ります。しかし5回。高木も相手打線につかまり、さらにまたもやエラーで2失点をしてしまいます。

高木

6回には福島(4年/蕨)が登板します。内野安打で出塁を許しますが、本日2つ目のダブルプレーで打者を3人で抑えます。

9点のビハインドを背負い、コールド負けのプレッシャーのかかる7回の攻撃でしたが、またもや三者凡退。ヒットをわずか2本に抑えられ、1-10(連盟規定により7回コールド)で敗戦を喫しました。

試合後のミーティングでは、大量失点した回を中心に、守備やバッテリーの課題について話し合われました。

また本日は、部員の酒井(3年/岐阜)、河野(2年/所沢北)のご家族の方から差し入れを頂きました。ありがとうございます。

明日は2回目の集中応援試合となります。リーグ戦での念願の1勝を勝ち取りたいと思います。部員一同気持ちを切り替え、全力で明日の試合に臨むので、応援よろしくお願い致します。

☆次の試合
【対戦相手】東京国際大学
【試合日時】10:30PB
【試合会場】岩槻川通公園野球場

(2年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)