10/5(土) R1秋季リーグ戦 対創価大学①

こんばんは。本日の秋季リーグ戦、対創価大学 第1戦の試合結果を報告致します。

〈スコア〉
学芸|000 000 000|0
創価|000 010 11X|3

〈メンバー〉
1.(左)西澤
2.(右)市原
3.(指)埴田
4.(捕)飯出
5.(中)三宅→(PH)小谷野(9表)
6.(二)酒井健
7.(一)伊戸
8.(遊)石塚
9.(三)小林丞

投.加藤→浅野(7裏)

 

東京学芸は初回、先頭打者西澤(2年/野沢北)がセンター前ヒットで出塁すると、続く市原(1年/市立川越)が巧みなバントで西澤を送ります。その後相手のエラーや四球が重なり、一死満塁といきなり大チャンスを迎えます。続く5番三宅(2年/金光学園)が打った打球はサードゴロに。この間に西澤が生還を試みます。しかしここは相手の好守に阻まれアウト。先制とはなりません。

西澤(2年/野沢北)

 

東京学芸の先発は、先週の杏林戦にて素晴らしいピッチングをみせ、リーグ初勝利の立役者となった加藤(2年/吉田)。本日も、相手強力打線をものともせず、その力を遺憾なく発揮します。
初回を三者凡退に抑えると、その後もランナーを出しながらも冷静にアウトを重ねていきます。野手陣も堅い守りで加藤を助け、4回までを被安打3、無失点で切り抜けます。

加藤(2年/吉田)

 

一方、打線は出塁こそするものの、中々得点に結びつけることができません。4回には、先頭打者酒井健(3年/岐阜)のセンター方向へのツーベースヒット、7回には伊戸(2年/藤島)の本日2本目となるヒットと果敢な盗塁で、得点圏にランナーを置くものの、後が続きません。

酒井健(3年/岐阜)

 

ここまで好投を続けてきた加藤でしたが、5回、先頭打者を四球で出塁させると、その後も四球やヒットを重ね、1失点。ついに先制点を許してしまいます。
1点を奪われ二死満塁と、なおもピンチが続く東京学芸でしたが、そこは左のエース加藤。続く打者をしっかり打ち取り、最少失点で切り抜けます。

しかし7回、疲れも見え始めたのか2者連続で出塁を許してしまい、無死一二塁とまたもピンチに。ここでピッチャーは浅野(3年/立川国際中等)にチェンジします。浅野は、力強い投球を見せます。犠牲フライで1点を追加されてしまったもの、テンポよく3アウトをもぎ取り、ここも最少失点に抑えます。

浅野(3年/立川国際中等)

 

なんとか、得点が欲しい東京学芸でしたが、相手ピッチャーに苦しめられ、思うように攻撃ができず。8回にはさらにもう1失点してしまい、0対3で敗北を喫しました。

 

本日のミーテイングでは、目指す攻撃の形ができてきているが、チャンスでの1本が出ないという意見があがっていました。
本日得たものを次の試合に活かし、明日は勝利を掴み取ります。

 

また本日は、河野(2年/所沢北)と西澤のご家族から差し入れを頂きました。
いつも応援してくださっている皆様、誠にありがとうございます。お時間がございましたら、球場に足を運んでいただければと思います。これからも変わらぬ応援をよろしくお願い致します。

 

(3年/マネージャー/村田奈央)

 

☆次の試合
【対戦日時】10月6日(日) 13:30PB予定
【対戦相手】創価大学
【試合会場】岩槻川通公園野球場


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)