引退メッセージ11 西原克俊

4年生引退メッセージ、本日は、闘志溢れる力強い打撃で1年生から活躍した西原克俊(4年/町田)です。

 

・4年間のベストプレー
1年秋の首都大戦での、その日3本目のライト前ヒットを打った時。
→1年生らしく、全力でプレーした結果が、チームの勝利に貢献できて、本当に嬉しかったです。

 

・4年間で嬉しかったこと
かけがえのない仲間、先輩、後輩と出会い、楽しい時も辛い時も一緒に過ごせたこと。何にもかえられない経験をしました。本当にありがとう。

 

・4年間で苦しかったこと
仲間と考えや意識の違いがあった時
→孤独感を感じたこともあったが、そんな選手もいてもいいと思います。

 

・自分がチームに貢献できたこと
常にグランドに立ったら全力で、自分が成すべきことをやる姿勢が伝わってくれたら嬉しいです。

 

・後輩に一言
「努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる」はじめの一歩より
→誰もが結果でチームに貢献したいと願うと思うが、それができるのはほんの一握りなのだから、支えてくれるみんなに応援されるような選手になってください!

 

・期待している後輩
三宅一広(2年/金光学園)
→これからたくさん三宅を慕ってくれる人が増えてきて、その分背負い込むことがあったとしても、常に全力で頑張ってほしい。

柚木隆冴(2年/鶴丸)
→みんながみんな同じ方向を向く必要はなくて、自分の色をだし、最後に周りに慕ってくれる人がたくさんいるような選手になってください。

石井亮丞(2年/岡山一宮)
→怪我をしていても、自分が成すべき事を常に考える姿勢は、僕も見習いたいです。これからもどんな形でも自分が納得した形で、努力を続けてください。

 

・学芸大野球部で良かったこと
常に緊張感のある中で野球ができたこと
最後の最後まで、成長できる環境でした
4年間、感謝しかありません。ありがとうございました。

 

4年生引退メッセージ、次回は大野夏都(4年/高松第一)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)