学芸大学に合格しようプロジェクト2019 理科

こんにちは。本日は、中等教育教員養成課程理科専攻(B類理科)の情報をご紹介します!

このサイトに掲載されている情報は、全て個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

<中等教育教員養成課程理科専攻(B類理科)>

〇B類理科を選んだ理由
高校の教師になりたくて、物理が一番得意で好きだったから。

〇 B類理科の特色
・どんなことを学ぶのか
 中学、高校の理科の教師になるための勉強をします。そのため、割と専門性の高い理科を学びます。1.2年生の時は物化生地全てを学んで、3年生からそれぞれの専門の科目に移ります。もちろん教職系の科目もあります。

・人数比
 自分の代は男子25人、女子20人です。例年はもう少し男子の比率が高いみたいです。

・取得できる免許
 理科の中高免は普通に過ごせば取れます。まれに小免もとる人もいますが、B類で小免をとるよりA類で中高免をとる方が楽みたいです。

・学科の様子
 体育会系から文化系の人まで幅広くいるので、それぞれ気の合う人たちでまとまって授業を受けたり、ご飯を食べたりします。男女の仲は結構いいと思います。授業と遊びのメリハリがしっかりしています。教員志望じゃない人も意外といます。

・授業内容
 最大の特徴は1年生の時、週に3時間×2日実験があることです。終われば早く帰れることもあれば、終わらずに夜までかかる人います。テキパキやることの大切さを実感します。

・忙しさ
 物化生地の実験全てでレポートが毎回あるわけではないですが、レポートが課された週はみんなそれに時間を費やします。これも、コツコツとやればそこまで苦にはならないですが、前日にやろうとしてオールする羽目になる人もいます。この実験のせいで1年生の時は忙しいと思います。

〇 受験対策
・二次試験
 受験科目は物化生地の中から、発展1つとこれと異なる基礎1つで、A類は400点、B類は1000点、これにセンターの900点を足した点数で合否が決まります。なので、A類はセンターの方が大事でB類は二次試験もかなり大事だといえます。一問で数十点の差が出ることもあるので普通に逆転が起きます。基本的に標準ぐらいのレベルの問題だと思います。配点も大きいのでいかに標準問題を落とさないかが大事だと思います。120分で理科2科目を解くので時間配分も大切になってくるので、基礎に何分、発展に何分時間を割くとかの練習を過去問でやっておくといいと思います。過去問を何年も解くと傾向に慣れてくるので、演習を積むのは大事です。
また、理科には後期もあり、面接での400点にセンターの900点を足した点数で合否が決まります。面接の点数は6割、7割といったように決められていると思います。

〇試験前日までに気を付けたこと
 自分は過去問を解いて、それを自分で添削して間違えたこところにコメントを付けておいたのを試験当日もっていって見返すことで同じ間違いをしないようにしました。このようなお守りみたいなのがあると平常心で試験に臨めると思います。

〇 試験当日困ったこと
みんな書いてると思いますが、朝一で中央線が止まって大変でした。交通機関の情報には、当日は特に神経質になった方がいいと思います。あと、試験会場で隣に座っていた人の貧乏ゆすりが凄まじく、独り言も言うので全然集中できませんでした。また、その人と受験科目が同じで、絶対こいつより早く解いてやるとか余計なことを考えてしまいました。おかげで自分は前期は落ち、何とか後期で合格しました。彼も前期は落ちて後期で受かったようで、今ではなんと同じ野球部の仲間として頑張っています。とにかく、集中して自分の力を出し切ることが合格への近道だと思います。

〇 受験生に一言
センターが終わって一喜一憂しないこと!二次試験で50人抜きぐらいして受かる人もいるし、センター9割でも落ちる人がいます。だから試験が終わるまで全力で頑張りましょう!努力すれば受かるわけじゃなく実力がある人が受かるけど、実力をつけるためには努力するしかないから、合格する強い気持ちをもって頑張ってください!何か質問等あれば気軽に聞いてください。学芸大で会える日を楽しみにしています。

 

A類理科については昨年のページを参考にしてください!

学芸大学に合格しようプロジェクト2018 理科

 

ご質問等はTwitter、ブログのコメント欄までお気軽にどうぞ‼

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)