学芸大学に合格しようプロジェクト2019 英語科

こんにちは。本日は、初等教育教員養成課程英語選修(A類英語)の情報をご紹介します!

このサイトに掲載されている情報は、すべて個人から聞いたものであり、東京学芸大学の公式の情報ではありません。また、受験様式が変更されている場合もございます。その点をあらかじめご了承の上、受験勉強の参考にしていただければと思います。

 

<初等教育教員養成課程英語選修(A類英語)>

〇A類英語を選んだ理由
→得意科目だから

〇A類英語の特色
→人数比は女子が圧倒的に多い、授業は楽、忙しくない、様子は静か

〇受験対策
→対策、要約を英語でも日本語でもできるように気をつけたこと、多い量を書かされるので誤字脱字やスペルミス、人称時制単複のチェックを細かくやりました

〇試験前日までに気をつけたこと
→風邪をひかない

〇試験当日困ったこと
→リスニングがある、ディクテーション

〇受験生に一言
→楽しい学科なのでおすすめです

 

英語科はA類B類ともに人数が少なく、とても仲がいいという印象があります。
他にも中高英語の免許が取れる学科として、A類国際教育やE類多文化共生などがあります。そちらは昨年度のページを参考にしてください!

学芸大学に合格しようプロジェクト2018 英語科

学芸大学に合格しようプロジェクト2018 国際教育、多文化共生

 

質問等はTwitter、ブログのコメント欄までお気軽にどうぞ!

 

 


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)