最後の春に向けてーまだまだこれからー 内山耕介

こんにちは。「最後の春に向けて」、本日は内山耕介(4年/春日部共栄)です。

こんにちは。A類社会科新4年の内山耕介です。

早いもので学芸大野球部に入り、4年目を迎えました。ポジションは一応、投手です。なぜ”一応”かというと、大学野球では試合出場はおろか、打者相手にほとんどボールを投げることができていないからです。
入部当初からの故障が長引き、なかなか思うようにプレーが出来ず今に至っています。
そんな理由から投手として入部してきたのに、なんの貢献もできず、自分がチームにいる意味があるのかと考えてしまう事もあるのです。

元々、豪速球を投げられるわけでも、多彩な変化球があるわけでもなく、なんなら、高校時代も一度も背番号をもらう事なく引退していったような選手でした。それでも不思議と「野球をやめる」と言う選択肢は浮かんでは来ませんでした。
こんな状態でやめたら、ここまで支え、期待をしてくれた人に示しがつかず、そして何よりも自分の中で野球への憧れをまだ捨て切ることできないからです。野球選手として活躍する喜びをまた感じてみたいと思う自分がいるからです。

もちろん、ケガが治れば試合に出られるという保証はどこにもありません。ですが、まだ僅かながら時間があるわけで、それなら続ける価値は十分にあると思っています。そのように無理矢理にでも思い込んで日々の練習に取り組んでいます。


現在は、昨年から選手と兼任で務めている投手コーチとして投手陣全体を支える立場にもなり、そういう意味では少しチームに貢献できているのかなと思っています。
しかし、選手を、投手を続けている以上、試合に出てチームの勝利に貢献したい気持ちももちろんあります。

こんなご時世で、リーグ戦の開幕も決まっていない中ではありますが、”ゴールはここじゃない、まだ終わりじゃない”と言い聞かせて、自分が投手としてマウンドに上がっている姿をイメージして、残りの大学野球生活を全うしていきたいです。

次回は、浅野森羅(4年/立川国際中等教育)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)