最後の春に向けてー大学野球で学んだものー 浅野森羅

こんにちは。「最後の春に向けて」、本日は浅野森羅(4年/立川国際中等)です。

新4年の浅野森羅です。
私の野球人生は常にけがと共にありました。

高校でも怪我が多く、大学に入ってからも、2年間は試合で投げることが出来ずにひたすら部活にきてはトレーニングに明け暮れる日々が続きました。そして、3年の秋リーグにて、大学野球の公式戦で初めて投げることができました。そんな怪我と常に歩んできた自分ですが、怪我によって学ぶことが出来たと思うことがあります。

それは「成功からではなく、失敗から学ぶ」という考え方です。

野球は失敗のスポーツだとよく言われます。バッターに至っては10回中3回打てれば一流という話は有名だと思います。野球でなくても、成功の数よりも失敗の方が多いことが多々あります。大学野球生活の中で、そんな少ない成功例から考えていくのではなく、たくさんある失敗の原因を突き詰めていく方が結果がついてくるのではないかと考えていくようになっていきました。

怪我にしても、肩が痛むことには必ず原因がある。今はその原因を突き止める時間だと思うことが出来れば、体の仕組みから栄養からトレーニング方法についてなど、細かい部分まで考えることができ、ネガティブになりがちな怪我をポジティブに捉えることができます。 私自身、大学で長い間怪我をしたことによって、失敗から学ぼうとする姿勢を学ぶことができました。

私は大学に入ってから、3年目でようやく公式戦で投げることができましたが、野球人生で1番の失敗(悔しさ)を味わいました。それは、とても大きな失敗でしたが、それが大きければ大きいほど、自分を成長させてくれると信じて、その後の練習に臨むことができました。

今回、最後の春リーグになりますが、これまでの自分の中の失敗を総動員して臨みたいと思います。そして、失敗を成功にかえ、チームを、1部に昇格させることが出来るように自分に出来ることを準備していきたいと思います。
応援の程よろしくお願い致します。

次回は、新井菜緒(4年/浦和第一女子)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)