最後の春に向けてーありがとうー 丸山稜雅

こんにちは。「最後の春に向けて」、本日は丸山稜雅(4年/野沢北)です。

A類保健体育選修、新4年の丸山稜雅です。
やっと順番が回ってきました。こういうのは初めの方が書きやすいので、順番が早い方が良いんですけどね。まぁ小言はこれくらいにして、とりあえず書いていきます。

これは大学の仲間はもちろん、今まで一緒に野球をやってきてくれたみんなへ書いています。テーマに合わせて、ファンモンでも流しながら読んでください。

突然ですが、私は小学校3年生から野球をやってきて、役職に就いたことが一度もありません。私自身が良い塩梅で人生を送っているので、人様の上に立とうなどおこがましい限りですから、気にはしていません。(おかげで就職活動は難航を極めていますが。)

だからこそ今までチームを引っ張ってくれた人たちには感謝しています。キャプテンや副キャプテン、部長、主務、学生コーチ、マネージャーのみんなの存在があったからこそ、私は心から野球を楽しめたと思います。ありがとう。

先輩方にはいつの時代もお世話になりました。高校と大学の先輩には特にお世話になりましたね。(どっちにも属している人がいますが…はぁ。)ほんと生意気でむかつくことも多かったと思いますが、ああ見えて尊敬していた人ばかりでした。色んな人にご飯に連れていってもらいました。ありがとうございました。
惇太さんは院にいるので、これからもよろしくお願いします。

後輩たちは、慕ってくれているのかなめているのか分からない時が多々あります。でも、私も先輩に同じような態度なのかと思うので不問とします。その代わり、君たちも後輩に優しくするように。慕ってくれる後輩たち、ありがとう。

同期のみんなには、いつでも迷惑をかけてきました。スポーツをやっている以上、衝突は避けられません。しかし、任○堂の某レースゲームでも勝つことよりもぶつかることが好きな私は、必要のない衝突もしてきました。そんな私と正面から接してくれて、今も仲良くしてくれているみんなには心から感謝しています。ありがとう。

一番感謝しなきゃいけないのは、やっぱり…。お弁当を作ってくれたお母さん、なんだかんだ気にかけてくれるお父さん、金銭面で支えてくれる祖母、写真を撮ってくれた祖父、挙げたらキリがないのでここで辞めますが、心から感謝しています。いつも、ありがとう。

指導者の方々にもとても感謝しています。時に厳しくしていただけたことが、私の成長に繋がりました。それに、怪我が多い私を見放さず気にかけていただいたからこそ、ここまでかんばってくることができました。ありがとうございました。

最後に、最後にして良いのかは分からないけど、西澤勝弥(3年/野沢北)くんに。高校の時点で同じ中学からは二人だけでしたね。まさか大学まで一緒だとは。(なぜか今、君は後輩ですが。)空白の一年を除いて、中学からずっと一緒に野球をやってきた君の活躍する姿が一番嬉しいです。西○カナの歌詞にあるように、「私以上に私のことを知っているのは君だけ」だと思います。いつも仲良くしてくれて感謝しています。ありがとう。

眠くなってきたので、そろそろ終わりにします。某人気漫画で主人公が言っていましたが、「人は心が原動力」まさにその通りだと思います。感謝の気持ちを胸にこれからも生きていきます。
現在、コロナウイルスの影響で未定となっていますが、私の最後のリーグに関心を寄せていただけると幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回は、谷口寛太(4年/都立青山)です。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)