引退メッセージ⑧ 渡部雄貴

連日掲載している4年生による引退メッセージ。本日は、強靭な身体と馬力のあるバッティングを武器に活躍した渡部雄貴(4年/会津)です!
是非、最後までご覧ください。

・4年間のベストプレー
2年生の春リーグ初戦で打ったツーベースヒットです。初めての公式戦で緊張していたのですが、打てて、とても嬉しく思ったのを覚えています。

・4年間で嬉しかったこと
自分が満足するまで野球ができたことです。

・4年間で苦しかったこと
なかなか試合で結果を残すことができない時期が続いたことです。監督からの期待に応えられず、チームの勝利にも貢献できず、苦しい時期がありました。
しかし、今思うと、そんな時期のおかげで成長できたとも感じています。

・チームに貢献できたこと
チームの雰囲気ということに関して、様々なことを言いやすい先輩ではあったのかなと思います。

・後輩に一言
1部に昇格してください!応援しています!

・期待している後輩
渡部裕太郎(3年/会津)
高校から一緒に野球をしてきて、大学でもよく一緒に自主練習をしていました。野球に対してとても熱いものをもっています。苦しい思いをしてきた分、最後の一年は楽しんで野球をやってください。応援しています。

高澤克之(3年/春日部東)
チームのことを考えた行動ができる人で、チームの要です。チームを1部に引っ張っていってください。

・家族に一言
小さい頃から支えてもらってありがとうございました。大学野球をやるということは、自分なりのわがままだったのですが、応援してくれて本当にありがとうございました。少しずつ恩返ししていきます。

・いつも応援してくださっている方に一言
本当に様々な方の支援によって活動できたのだと感じています。ありがとうございます。「結果で恩返しをする」という思いは後輩たちが受け継いでくれていますので、これからもご支援よろしくお願い致します。

・東京学芸大学硬式野球部で良かったこと
練習環境の良さと、学年の上下の隔たりがないということです。人工芝で練習をすることができ、国公立大学の中では、整備されていると思います。また、学年に関係なく、意見を言える場もあります。これは間違いなく強みになると思います。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)