引退メッセージ⑩ 小林隆太郎

連日掲載している4年生による引退メッセージ。本日は、パンチ力のある打撃と優れた人間性でチームを支えた小林隆太郎(4年/松本深志)です!
是非、最後までご覧ください。

・4年間のベストプレー
現役最終打席の三塁打です。最後の最後まで上手くなることができました。

・4年間で嬉しかったこと
試合に出られない時でも自分なりにチームに貢献できたと思えたことと、明るいチームでのびのびとプレーできたことです。

・4年間で苦しかったこと
2年秋の2部優勝決定戦、同点8回1アウト満塁の場面で代打で出て、中途半端なスイングでファーストゴロを打ってしまったことです。結果的にそれ以降公式戦に出場することができなくなってしまい、苦い思い出です。

・チームに貢献できたこと
ハイトーンヴォイスと送迎。

・後輩に一言
センキューー!!!

・期待している後輩
もちろん全員ですが、僕が思う各学年の熱い漢である、埴田(3年/小松)、茅野(2年/都立城東)、芝(1年/松山東)には各学年を、そしてチームを盛り上げていって欲しいと思います!
そして、主務の石井(3年/岡山一宮)は怪我をしてから必死に頑張っている姿をずっと見てきたため、最後の1年で大輪の花を咲かせて欲しいと思っています!

・家族に一言
学芸にすごく近いところに一緒に住んで下さりありがとうございました。Gカーの提供にも大変感謝しております。

・いつも応援してくださっている方に一言
いつも応援してくださり、ありがとうございます。今後は私も応援する側として、後輩たちを精一杯応援したいと思います。

・東京学芸大学硬式野球部で良かったこと
このメンバーで野球ができたことが財産です。また、監督、徳地先生をはじめとするコーチやOBの方々、主務、マネージャーなどこれほど沢山の支援をいただきながらプレーをしたのは最初で最後の経験でした。本当にありがとうございました!

4年生引退メッセージ、次回は石塚啓太(4年/旭野)です!是非、ご覧ください。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)