12/6(日) オープン戦 対鶴見大学①

こんばんは。本日のオープン戦、対鶴見大学の第一試合の結果をご報告致します。

〈スコア〉
学芸|100 000 000|1
鶴見|000 001 000|1

〈メンバー〉
1.(右)大宮
2.(遊)佐藤
3.(二)片寄
4.(指)埴田→(走)萩原(8表)
5.(三)西脇
6.(一)武者
7.(左)芝
8.(捕)三谷
9.(中)三宅
投.河野(5回)→加藤(4回)

本日が今季最後のオープン戦となります。その第一試合はここ最近では珍しく暖かな日差しが差し込む中で、プレイボールを迎えました。

先攻の東京学芸。試合は初回から動きます。
本日2番に起用された佐藤(1年/福島)が安打で出塁すると、果敢に盗塁し2塁へ。自らチャンスを作ります。

佐藤(1年/福島)

その後、埴田(3年/小松)が内野安打で続き、二死一、三塁。
このチャンスで打者は西脇(2年/小山台)。西脇は期待に応え、中前へ綺麗に適時打を放ちます。これで1点を先制。幸先の良いスタートを切ります。

西脇(2年/小山台)

本日の先発は河野(3年/所沢北)。初回こそ不安定だったものの、バッテリーの意思疎通ができた2回以降は完璧な投球。
力強いストレートを武器に、5回を無失点に抑えます。

河野は新チーム発足後、1失点も許さない安定感のある投球を続けています。本日も無失点に抑え、信頼のおけるピッチャーへまた一歩成長しました。

河野(3年/所沢北)

対する攻撃は、初回以降なかなか得点に結びつけることができません。
3回には、片寄(2年/磐城)、西脇が安打を放ちチャンスを作りますが、後続が倒れスリーアウト。
それ以降の回も安打は出るものの、打線が繋がりません。

ピッチャーは河野から加藤(3年/吉田)に代わります。立ち上がりの6回に、四球で出した走者を還してしまい1失点。
1-1と同点になります。

しかし、さすがは加藤。その後は一切隙を見せない投球で相手打線を抑えていきます。
2イニング目以降は安打を1本も許さず、計4イニングを投げ切りました。

加藤(3年/吉田)

なんとかして勝ち越したい東京学芸ですが、打線は沈黙。
結局チャンスを迎えることもできないまま、1-1で引き分けとなりました。

投手陣の好投で締まった展開にはなったものの、攻撃面で歯痒さを感じる試合となりました。安打は9本も出ているものの、得点は1。
試合後のミーティングでも、場面を考えた打撃が課題として上がりました。

本日は、第二試合も行いました。そちらの試合結果も併せてご覧ください。

(3年/マネージャー/志太祥子)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)