引退メッセージ⑪ 石塚啓太

連日掲載している4年生による引退メッセージ。本日は、不動の遊撃手として活躍しながら、副主将としてチームを創り上げた石塚啓太(4年/旭野)です!
是非、最後までご覧ください。

・4年間のベストプレー
最後の交流トーナメント決勝戦の5回裏2死でのプレー。
この回にサードもセカンドもファーストもみんなエラーしていたので、ショートに飛んでこいって思ってました。横っ飛びで捕ってアウトにした時、初めてさすがおれって思っちゃいました。

・4年間で嬉しかったこと
2部優勝、1部昇格をしたこと。
小1から野球を始めて16年間で唯一嬉しくて涙が出ました。当時2年生なのに引退する4年生くらい泣いてしまいました。今となっては少し恥ずかしいです。

・4年間で苦しかったこと
3年春のリーグ戦での無安打。
全試合スタメンで出させていただいたにもかかわらず、1本もヒットを打つことができませんでした。その罰で坊主にしました。坊主でキャンパスを歩くのはわりと地獄でした。そのおかげで次の3年秋に1部で3割以上打てたので何かあったら坊主にするのもいいかもしれません。

・チームに貢献できたこと
内野守備?かな?
4年時はコロナで練習時間が少なく、あまり守備を教える時間がとれなかったので、2、3年の頃から後輩に教えておけば良かったと後悔しています。

・後輩に一言
バチバチに競い合ってください!!
レギュラーの人は常に怯えながら、控えの人はワンチャンスをモノにしてレギュラー獲っちゃってください!!

・期待している後輩
瀬川透(3年/春日部共栄)
2年の時からずっと瀬川の脅威に怯えていました。いつレギュラーから引きずり下ろされるんだろうと思ってました。守備は入ってきた時より8倍うまいと思います!自信持ってがんばって!

酒井圭太(2年/越ヶ谷)
ショートかセカンドもやりなよ。

茅野俊佑(2年/都立城東)
内野のボイス頼みました。
茅野ともっと内野ノック受けたかったです。なんなら試合に一緒に出てみたかったです。

・家族に一言
恥ずかしいのでノーコメントでお願いします。

・いつも応援してくださっている方に一言
私たちは1部復帰に挑戦することができませんでした。しかし後輩たちは逸材ばかりです。きっとワクワクさせてくれると思います。これからも東京学芸大学硬式野球部をよろしくお願いします。

・東京学芸大学硬式野球部で良かったこと
野球が上手くなったこと。
野球がもっと好きになったこと。
1部を経験できたこと。
たくさんの素晴らしい人たちに出会えたこと。

4年生引退メッセージ、次回が最終回となります。最終回は主将、酒井健太(4年/岐阜)です!是非、ご覧ください。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)