最後の春に向けて12 邑澤大志 ー栄光への架け橋ー

4年生がそれぞれ、野球や仲間への思いを語る「最後の春に向けて」。今回は、邑澤大志(4年/山口)です。それではお読みください!

こんにちは。A類保健体育科選修、新4年の邑澤です。最後の春に向けてということでいよいよ大学4年間の野球、そして自分自身の野球人生の終わりが近いことを感じております。
昨年はコロナウイルス感染症の影響もあり満足のいくような活動は出来ませんでしたが、それも含めこれまでの3年間は個人的にもチーム的にも栄光と挫折を味わったとても濃いものだったと感じております。個人的には1年生の頃は先発をし、リーグ優勝・1部昇格に貢献。しかしながら2年生以降は怪我の影響もあり満足のいく結果は出せていません。チーム的には1部昇格。その1年後に2部降格、さらに去年はリーグ戦は行われず代替大会止まり。このままでは終われない!というのが今の率直な気持ちです。

この春は何とかリーグ戦も開催される方向でチーム全体が1部昇格をつかみ取ろうという雰囲気になっています。私もその一部として1年生の頃のような大車輪の活躍、とまではいかないかもしれませんが今の自分にできる最高のピッチングをして1部昇格という名の栄光への橋をかけることが出来たらと思っています。
最後になりましたがこれまで家族をはじめ多くの方の支え、応援があったからこそここまで続けることが出来ました。心から感謝申し上げます。これらの支え、応援に恩返しができるよう最終最後の時まで一生懸命頑張ります!これからも応援よろしくお願いします!


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)