最後の春に向けて14 渡部裕太郎 ー我儘ー

4年生がそれぞれ、野球や仲間への思いを語る「最後の春に向けて」。今回は、渡部裕太郎(4年/会津)です。それではお読みください!

こんにちは。4年の渡部裕太郎です。

昨年、ある先輩がこちらの企画で「打つ国語辞典になる」とか云々言っていましたが、その座が今空いているので「2代目打つ国語辞典」(打ち字引きやbatting dictionaryの方が言葉として綺麗だなとは思いますが)になったつもりで、今回筆を取りたいと思います。

まず、私は高校時代、夏の大会で試合に出たことがありません。それでも当時は全く後悔せずに、高校野球を終えたつもりでした。しかし、やはり試合に出て活躍することを諦めきれず、高校時代に勝てなかった同期が大学でも野球を続けると言っていたので、私も野球を続けることにしました。

今現在リーグ戦に出て活躍できるような実力を持つことはできていませんが、学芸の野球部で、私は本当に自由に、自分のなりたい選手になるための練習に時間を使うことができました。後輩のことを気遣ってくれる先輩方や一緒に練習してくれる同期、学年関係なしに発破をかけてくれる後輩たちに囲まれて、両打ちになったり、体の構造や動かし方について勉強したり、内野全部と外野も守らせてもらったり…と様々な経験をさせていただきました。

最終学年に近づき、戦力になっていないのであれば、違う形での活躍の場を探したり、サポートの役割に回ったりするのが良いではないかとも感じますが、ここまでやって来たからには、今年もレギュラーになるための時間を過ごしていきたいと思います。

今度は弟に友達との会話で「お兄ちゃんは3塁コーチャーだから」と気を遣わせないような1年にしていきたいです。

最後に、今年度はリーグ戦・入替戦が予定通り開催されるということで、様々な方の協力があり、準備を進めることができました。二部優勝・一部昇格を目指して、1つの勝ちに貪欲になって戦っていきますので、応援よろしくお願いいたします。


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)