11/27(土) オープン戦 対片倉高校②

こんにちは。昨日の秋季オープン戦、対片倉高校第2試合の試合結果をご報告致します。
〈スコア〉
学芸 | 208 000 0 | 10
片倉 | 000 060 0 | 6
(特別規則により7回で終了)

〈メンバー〉
1.(遊)石井
2.(中→三)芝(5回裏)
3.(左)大友
4.(指)武者
5.(捕)守屋
6.(右)勝木
7.(一)村田
8.(ニ)大庭
9.(三→中)小池(5回裏)
投.高山(4回)→中島(2/3回)→畑澤(2.1/3回)

本日は1.2年生のみで構成されたチームで挑みました。
第一試合で先制されたものの、その後巻き返すことができた勢いのまま、第二試合にも熱が入ります。

初回。芝(2年/松山東)と大友(1年/秋田)が続けて安打を放ち、試合の流れを作ります。その後、武者(2年/小松川)の犠飛と守屋(1年/市立浦和)の適時安打により2点を先制。良いスタートダッシュを切りました。

守屋(1年/市立浦和)

2回。このまま流れに乗っていきたいところですが、チャンスを作るも得点に繋がらず、この回は無得点となります。

3回表。ここで試合が動きます。四連続安打で2点獲得。この時点で一死一三塁。ここで打席に立った大庭(1年/越ヶ谷)が放った打球は、美しい弧を描き本塁打に。ここで一挙3得点。その後相手の暴投、失策が重なり2点が追加され、この回は8点を獲得し終了します。

大庭(1年/越ヶ谷)

4回表。点差を気にせず、1点1点を取りにいこうと挑みます。しかし、3回途中から登板した相手投手に対応しきれず、三者凡退。先程の流れが絶たれてしまいます。

本日の先発は、第一試合は野手として活躍を魅せた高山(2年/新潟明訓)。
テンポの良い打たせて取るピッチングを魅せ、ベンチも熱気に溢れます。高山は4回無失点でマウンドを降りました。

高山(2年/新潟明訓)

5回表。先頭打者が相手の失策により出塁するも、打線が繋がらず苦戦します。

その裏。マウンドに立ったのは中島(1年/東洋)。
先頭打者を四球で出塁させます。1球1球に集中し、声援を送るベンチ。しかし、その後も味方の失策や四球、二塁打が重なり、6失点でマウンドを降ります。
ニ死一二塁の状況で後を託されたのは、今回大学野球初登板の畑澤(2年/秋田)。残りの打者を遊飛で抑えます。

畑澤(2年/秋田)

次の攻撃。なんとか追加点が欲しい学芸打線。しかし、相手の堅い守備に阻まれ、得点できずに終了します。

残る6回裏と7回裏。投球を重ねるごとにギアが上がっていく畑澤。それに伴いベンチも熱気に溢れていきます。畑澤の好投と守備の好プレーにより、無失点で切り抜け、10-6で試合が終了しました。

長打が多かったことや、積極的な走塁等、日々の練習が活きている場面が多々あり、成長を感じる試合でした。しかし、以前から課題となっている投手交代時の対応等、まだまだ改善しきれていない課題もたくさんあります。
今シーズンも残りわずかとなりましたが、一つ一つの練習に目的を持って、課題を改善できるよう精進していきます。
これからも応援の程宜しくお願い致します。

☆次回の試合予定☆
11/28(日) PB10:00予定
VS一橋大学
※無観客試合

(1年/マネージャー/大島彩愛)


コメントはこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)